ワクワクな出会いバナー

1分でも遅刻は厳禁男

30代前半、既婚、痩せ型で松たか子に雰囲気が似ていると言われます。なかなか出会いがなく、少し自暴自棄気味になっていた20代の頃、ネット掲示板に書き込みをし何人かの男性とメールのやり取りをするようになりました。

徐々に話す内容がなくなりメールをしなくなった人も多い中、丁寧な言葉使いでマメに返事をしてくれる1人の男性とだけは2ヶ月ほど連絡をとり続けました。 いつものようにメールをしていると、急に会いたいと言われ、つい興味本位で実際に会うことに。 当時若かったこともあり、あまり恐怖心もなく待ち合わせ場所で相手の車に乗りました。

相手の男性は30代前半、痩せ型で目鼻立ちがハッキリしたイケメンで、刑務官の仕事をしている人でした。 特殊な職種で驚いたのですが、何度か会ううちに真面目でカッコ良く、会話も面白い彼に惹かれていったのでした。 付き合うようになってからは、私の趣味に合わせて映画を観たり、猫カフェや本屋巡りをしたりと本当に楽しく充実した時間を過ごし、気持ちも最高潮に高まっていました。 そんな彼の本性に気づいたのは、付き合って1ヶ月ほどたった頃のこと。

いつものように待ち合わせをしていたのですが、電車の遅延で待ち合わせ場所に遅れることになってしまったんです。思えば、私が遅刻したのはその日が初めてでした。 事情もメールで連絡したし、少しくらい遅れて行っても優しく許してくれるだろう、と軽く考えていました。 しかし待ち合わせ時間を1分過ぎた頃、私の携帯にもの凄く短い間隔でメールが送られてきたんです。

なんで遅れるのか、時間も守れないのか、電車が遅延する可能性を考えて早く出発できないのか...など私を否定する言葉が並んでいました。 一体何が起こったのか分からず、いつもの彼からは想像できないメールの内容に絶句した私。

結局30分遅れで待ち合わせ場所に到着するまでそのメールは続きました。彼と合流してからもその日はずっと不機嫌で、今後も付き合う自信が一気になくなったのです。 出会い方が特殊だったせいか、それからお互いに距離を置くようになってしまい、付き合っているのか分からない状態になってしまいました。これではいけない、と思い別れを決意し、どうしても気になってあのメールの嵐はなんだったのかを聞きました。

すると、職業柄1分の時間のズレも許せない、時間にルーズなのは絶対に許せないのだと告白されました。付き合ってから私の行動に不満がある場面もあったが、無理していたとのこと。遅刻したことが彼を爆発させるきっかけとなったのです。 職業柄ではなく、彼の性格なのだと思うのですがそのことは告げずにキッパリとお別れしました。

今、思い出しても強烈な印象の彼です。